FAQ – Wowza Streaming Engine

購入前のよくある問い合せ

製品について

どのような用途に利用可能でしょうか?

「Wowza Streaming Engine Pro」は、主にオンデマンドやライブのビデオストリーミングの用途にご利用いただけるストリーミングサーバーソフトウェアです。他にビデオチャットや音声ストリーミングの要件の対応も可能です。 いずれも主な配信方式(Apple HLS、MPEG-DASH)に対応しているほか、IPTV 向けの配信(MPEG2-TS)にも対応可能です。

日本での販売・導入実績等の情報はありますか?

2012 年以降、官公庁、放送局、一般企業など多種多様な業種への導入実績がございます。

特に昨今では、これまであまり動画配信の必要性を感じていなかった一般の企業も、独自で運営するライブ配信や動画配信の重要性に着目し始めたこともあり、急速にテレビ放送や動画配信を専門とされる事業者以外にも、多くの Wowza ユーザーが急速に広まりつつあります。

購買(価格・納期・サブスクリプション等)

Wowza ストリーミングサーバー製品の種類とそれらのライセンス形態を教えてください

製品内容: お客様独自のビデオストリーミングサーバー構築のためのソフトウェア

製品詳細: https://wowza.dpsj.co.jp/products/wowza-streaming-engine

対応 OS: Windows、Linux、Mac

ライセンス形態(下記 2 種類のライセンス形態から選択):

  • 恒久ライセンス + 年間メンテナンス
  • サブスクリプション(1 年間)

注文してからの納期はどの位でしょうか?

通常納期は、約 2 週間です。

製品の価格には PC ハードウェアも含まれていますか?

「Wowza Streaming Engine Pro」は、ソフトウェアライセンスのみの提供価格です。PC ハードウェアその他の機器は含まれません。

製品の価格にはソフトウェアインストール作業、現地設置・設定作業、取説は含まれていますか?

製品の価格には含まれていません。ソフトウェアインストール作業、現地設置・設定作業、取説などは別途費用がかかります。

価格についておしえてください

「Wowza Streaming Engine Pro」の価格は、お客様の利用用途や想定される利用数 / 量をヒアリングさせていただきました上、ご提案させていただきます。

つきましては、問い合せフォームまたはメールでお問い合わせください。

問い合せフォーム: https://wowza.dpsj.co.jp#contact

メールアドレス: dpsj_info@dpsj.co.jp

製品の評価・試用版ライセンスに関して

「Wowza Streaming Engine Pro」の試用版は Wowza 社の WEB サイトよりお申込みください。「Wowza Streaming Engine Pro」を 30 日間無償でお試しいただけます。

アクセス先:https://www.wowza.com/pricing/trial

試用版の仕様および制限

  • Windows、Mac、Linux 用インストーラー
  • トランスコーダー、nDVR、および DRM 機能
  • REST / Java API アクセス
  • HTTPS および WebRTC ストリーミング用の SSL 証明書をサポート
  • 接続制限: 3 つのインバウンド、10 のアウトバウンド
  • 試用版には HTTP Origin 機能は含まれていません

サブスクリプションの期間とその期間延長について教えてください

サブスクリプションの期間は、いずれも 1 年毎または 3 年毎の自動更新によるご契約となります。

ご契約時のインスタンス数を増やす場合は、サブスクリプション期間中にいつでもお客様からお申し出をいただき追加にかかる料金をお支払いいただくことで変更することが可能です。

ただし、利用量を減らす場合、または、サービスを停止する場合は、ご契約いただいているサブスクリプション期間の最終日の 40 日前までに、弊社まで書面にてご連絡していただく必要がございます。

ライセンス

ライセンスの承認は、インターネット接続を必要としますか?

はい、通常はインターネット経由でライセンス認証を行います。

そのためインターネットに接続できる環境が必要となります。また、プロクシサーバーを経由してインターネットに接続する場合でもご利用いただけます。

Perpetual Edition (恒久ライセンス)は、「コンシューマ向けサービス」に使用できますか?

はい、コンシューマ向けサービスの場合は規約上問題ありません。

「Wowza Streaming Engine Pro」の「恒久ライセンス」と「サブスクリプション」 は、機能の差はありますか?

機能的な差はありません。

ただし、Perpetual Edition (恒久ライセンス)は、メンテナンスを継続されない場合は、ご利用になられるソフトウェアのバージョンは、メンテナンスをお支払いになった期間までの最終バージョンとなります。一方、サブスクリプションは、サービスの契約を継続していただく限りにおいて、最新バージョンを使い続けることができます。

動作環境

Wowza Streaming Engine はどのオペレーティングシステムに対応していますか?

Wowza Streaming Engine は、Java 9(OpenJDK Java SE JRE 9.0.4)以降をサポートするすべてのプラットフォームで実行することができます。インストーラーパッケージは、Windows、Linux、および OS X が提供されています。最高のパフォーマンスを得るには、64 ビット OS を使用することをお勧めします。

動作環境(ハードウェア要件)を教えてください

少なくとも、8 GB 以上の RAM を搭載したクアッドコアシステムをお勧めします。 Wowza Streaming Engine ソフトウェアを最大限に活用するには、オンデマンドストリーミング用にアレイ内に 2 つ以上のハードディスクを備えた RAID 0 または RAID 10 構成を使用することをお勧めします。アプリケーションや負荷によっては、より多くのマシンパワーが必要になる場合があります。

 

ハードウェア要件に関する詳細は、以下の「Wowza Streaming Engine 動作環境」をご覧ください。

https://wowza.dpsj.co.jp/wowza-streaming-engine/requirements-wse

Wowza Transcoder はどのオペレーティングシステムに対応していますか?

Wowza Transcoder の操作には、64 ビットの Windows または Linux が必要です。これには、Intel Media SDK、または NVIDIA CUDA および NVIDIA NVENC SDK アクセラレーションテクノロジーの使用が含まれます。

 

WowzaTranscoder に関する詳細は、「Set up and run Transcoder in Wowza Streaming Engine」ページをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/how-to-set-up-and-run-wowza-transcoder-for-live-streaming

Wowza Streaming Engine でアドオンを利用できますか?

StreamLock、負荷分散、GeoIP ロックなどの無料のアドオンは、Wowza StreamingEngine ソフトウェアで利用できます。

 

Wowza StreamingEngine アドオンに関する詳細は、以下の URL をご覧ください。

https://www.wowza.com/products/streaming-engine/addons

 

古いバージョン(4.1.1 以前)の Wowza StreamingEngine をご利用のお客様、または古い価格プランの Wowza Streaming Engine のお客様は、Wowza Streaming Engine アップグレードページにアクセスして、Wowza Streaming Engine の最新版への移行の詳細をご確認し、最新版にアップグレードすることで、Wowza Transcoder、Wowza DRM、Wowza nDVR を利用いただけます。

Wowza は、Windows、Linux、Mac OS に対応していますが、 たとえば Wndows の場合より Linux の方が再生がスムーズ等、Windows にインストールする事によるデメリット、メリット、または Linux にインストールする事によるデメリット、メリットなど違いはありますか?

OS の違いによる優劣は基本的にありません。(OS X ではトランスコード機能を利用できません)

インターネットが使用できない環境の場合では使用できますか?

インターネット環境が無い、いわゆる閉域網で使用する場合は、USB ドングル版でのご提供となります。お問い合わせの際にお申し付けください。

USB ドングル版は VMWare 上の仮想マシンにも利用できますか?

はい、ご利用になれます。VMWare 上の仮想マシンで USB ドングルを利用するには、ホストマシンの物理 USB ポートを仮想マシンからアクセス出来るように設定する事で利用できます。

Amazon EC2 などのクラウド上に Wowza をインストールして利用できますか?

はい。「Wowza Streaming Engine Pro」は、Amazaon EC2 などのクラウド上にインストールして利用することができます。

「Wowza Streaming Engine Pro」を使用する際、その他必要なソフトウェアなどを用意する必要がありますか?

「Wowza Streaming Engine Pro」にはプレイヤーが付属しませんので、別途用意して頂く必要があります。

以前は下記の 3 アドオンがオプションでしたが、現在は通常ライセンスに標準組み込みされるようになりました。

  • Wowza トランスコーダ・アドオン: IP ストリームをインジェスト(取り込み)しながら目的の視聴デバイスに合わせてリアルタイムに再エンコードを行う機能を提供
  • Wowza nDVR アドオン: Flash HDS や Silverlight Smooth Streaming、Apple HLS クライアントへの同時再生出力用のシングルコンテンツ・キャッシュ。ライブ向けのタイムシフト再生(一時停止、巻戻し、早送り、レジューム)機能を提供
  • Wowza DRM アドオン: サードパーティ製 DRM プラットホーム互換および暗号化による DRM 機能を提供。※別途 DRM サービスプロバイダーとの契約が必要
対応フォーマット

Wowza Streaming Engineは、H.265、Apple Low-Latency HLS、HEAAC、MPEG-DASH、VP9 などの新しいテクノロジーをサポートしていますか?

Wowza Streaming Engine は、さまざまなプロトコルとコーデックをサポートしています。サポートされているプロトコル、コンテナ、フォーマットのリストは、以下の URL をご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/understanding-protocols-and-formats-supported-by-wowza-streaming-engine

あるトランスポートプロトコルから別のトランスポートプロトコルにストリームを再パッケージ化するには、Wowza Transcoder を使用する必要がありますか?

いいえ。コアの WowzaStreaming Engine ソフトウェアは、H.264 コンテンツを 1 つの着信トランスポートプロトコルタイプ(RTMP など)から別の発信トランスポートプロトコル(HLS など)に再パッケージ化(つまり、トランスマルチプレックス)するためのネイティブ機能を提供します。トランスコーディング機能を使用する必要があるのは、H.264 以外の着信ストリームを H.264 ストリームに変換する必要がある場合、および/または着信ストリームのビットレートまたはエンコーディングプロファイルを変更する必要がある場合のみです。

 

詳細は、WowzaTranscoder ページをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/about-wowza-transcoder

Wowza Streaming Engine はどのトランスポートプロトコルをサポートしていますか?

Wowza Streaming Engine は、iPhone / iPad やその他の互換デバイス用の Apple HLS、DASH-AVC/264 互換プレーヤー用の MPEG-DASH、Silverlight Smooth Streaming、Android、QuickTime、およびその他の 3GPP モバイルデバイス用の RTSP / RTP、セットトップボックス用の MPEG-TS、および、Flash Player を使用するアプリケーション用の AdobeHDS と RTMP のいくつかのバリエーション(バージョン7、8、9、10、および11)をサポートします。

現在サポートされているプロトコルのリストについては、以下の「Wowza Streaming Engine 技術仕様」ページを参照してください。

https://wowza.dpsj.co.jp/wowza-streaming-engine/spec-wse

オンデマンドストリーミング配信をアダプティブビットレート(ABR)方式で行う事はできますか?

可能です

ライブエンコーダから出力されたライブストリームを Wowza でアダプティブビットレート(ABR)方式で配信出来ますか?

可能です

MPEG-DASH に対応していますか?

はい、対応しています。

Flash ストリーミングで接続出来ない場合、どうすれば良いですか?

一般的に Flash ストリーミングを行う場合は RTMP と呼ばれるストリーミング用のプロトコルを用います。

このプロトコルは 1935 番のポートを使用して通信を行います。

通信が出来ない場合は、ルーター及び配信サーバーのファイアウォールの 1935 ポートを開け、通信出来る状態にしてください。

なお、接続先が動画共有サービス(Ustream など)や CDN (Akamai など)である場合は、対象サービスのサポート窓口までお問い合わせください。

構築・連携・開発

サーバーサイドプログラミング用のツールはありますか?

業界標準の開発ツールを利用して、サーバーサイドプログラミングタスクを実行することができます。 Wowza は、無料の Eclipse(イクリプス)ベースの統合開発環境(IDE)を提供します。これにより、Wowza Media Systems 製品の拡張、構成、および管理タスクを大幅に簡素化および合理化させることができます。

 

この無料の開発ツールのダウンロード情報は、WowzaIDE ページをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/wowza-streaming-engine-rest-api

Wowza Streaming Engine はバックエンドシステムの連携は可能ですか?

拡張可能な Java API は、さまざまなシステム統合オプションを提供します。統合オプションには、Web サービス、JNI(Java Native Interface)、直接 Java 統合、XML、リモートプロシージャコールなどが含まれます。

 

Wowza Streaming Engine JavaAPI の詳細をご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/wowza-streaming-engine-java-api-overview

Wowza Streaming Engine でサーバーサイドプログラミングを使用できますか?

はい。サーバーサイドプログラミングは Java です。 Wowza Streaming Engine は、最大限の柔軟性を提供するための広範な API を提供します。

 

詳細については、Wowza Streaming Engine API の概要ページまたは Wowza Streaming Engine Rest API ページを参照してください。

Wowza Streaming Engine API の概要ページ

https://www.wowza.com/docs/wowza-streaming-engine-java-api-overview

Wowza Streaming Engine Rest API ページ

https://www.wowza.com/docs/wowza-streaming-engine-rest-api

開発者はどのようなリソースを利用できますか?

Wowza は、開発者コミュニティのサポートに取り組んでおり、Wowza プラットフォームで製品やアプリケーションを構築するための開発者ライセンスなど、さまざまなツールやリソースを提供しています。

 

Wowza 開発者向けのリソースの詳細をご覧ください。

https://www.wowza.com/developer

Wowza Streaming Engine で使用できるライブエンコーダは何ですか?

Wowza Streaming Engine は、RTMP、RTSP / RTP、MPEG-TS、SRT、および WebRTC プロトコルを使用するさまざまなメディアエンコーダをサポートしています。エンコーダは、ユニキャストまたはマルチキャストのいずれかになります。

 

Wowza StreamingEngine のライブソースとして利用可能なエンコーダとカメラの使い方は以下の「Connect live sources」ページをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/specific-encoding-technologies

SHOUTcast または Icecast ストリームの再ストリーミングに対応していますか?

はい。 Wowza Streaming Engine は、サポートされているすべてのプレーヤーテクノロジーへの MP3 および AAC SHOUTcast / Icecast ストリームの再ストリーミングをサポートしています。

 

Wowza StreamingEngine による SHOUTcast / Icecast を使用方法は、以下の URL をご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/how-to-use-shoutcasticecast-as-a-live-stream-encoder-with-wowza-streaming-engine

Wowza Streaming Engine はどのプレーヤーで動作しますか?

Wowza Streaming Engine は、ブラウザー内とデバイス上のネイティブアプリケーションの両方で使用されるすべての一般的なサードパーティプレーヤーをサポートします。

さまざまなプレーヤーやデバイスで WowzaStreaming Engine を構成する方法の詳細については、「Players and playback」ページを参照してください。

https://www.wowza.com/docs/media-players-and-devices

Wowza Streaming Engine からどのデバイスにストリーミングできますか?

Wowza Streaming Engine は、コンピューターから携帯電話やタブレット、ゲーム機、IPTV / OTT デバイス、スマート TV、CDN、Facebook など、すべての主要な接続デバイスプラットフォームへのストリーミングをサポートしています。

 

詳細は、以下の「About playing Wowza Streaming Engine streams」ページを参照してください。

https://www.wowza.com/docs/about-playing-wowza-streaming-engine-streams

Wowza では IP カメラの映像を扱えますか

可能です

保守サービス・サポート

Wowza Streaming Engine のアップデート情報はどこにありますか?

Wowza Streaming Engine のアップデートは、メディアサーバーソフトウェアの機能を改善するために役立つ、修正と機能拡張が含まれています。

 

Wowza Streaming Engine の最新バージョンに関する詳細は、以下の Software updates ページをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/software-updates

どのようなサポートを受けることができますか?

Wowza は、ユーザーコミュニティに対して様々なテクニカルサポートリソースを提供しています。電子メール、フォーラム、ガイド、チュートリアル、コードサンプルなど、サポートリソースの詳細については、Web サイトのサポートエリアにアクセスしてください。 また、Wowza プレミアムサポート(英語)の詳細についてもご覧ください。

※ 国内においては、DSPJ 保守サポート(有償)を提供しています。詳しくは、お問い合せフォームまたは dpsj_info@dpsj.co.jp までお問い合せください。

なぜメンテナンスとサポート契約が必要なのですか?

ソフトウェアのアップグレードとアップデート、R&D ライセンス、およびテクニカルサポートを受けるには、メンテナンスとサポートの両方の契約が必要です。

Perpetual Edition(恒久ライセンス)のお客様は、契約の有効期限が切れる前に契約の更新を購入する必要があります。サブスクリプションのお客様は、メンテナンスとサポートがサブスクリプションに組み込まれているため、契約の更新を購入する必要はありません。

メンテナンスとサポートの詳細については、以下の URL をご覧ください。

https://www.wowza.com/products/streaming-engine/maintenance-support

「Wowza 標準メール技術サポート」を一緒に購入しなかった場合であっても、Wowza 社に対して Email サポート(英語)を依頼できると考えてよいでしょうか?

はい、その通りです。ただし Wowza 社のメーカーサポートの方針としては FAQ やフォーラムをユーザーに積極的に活用してもらうことを旨としており、そちらで情報が掲示されていない場合は Email サポートで問い合わせも可能です。

はい、英語での問い合わせになります。

Wowza の最新バージョンの新機能にはどのようなものがありますか?

以下の URL をご参照ください。

リリースノート(英語): http://www.wowza.com/resources/README.html

購入後に Wowza の新しいバージョンがリリースされた場合でも無償バージョンアップ可能でしょうか?

「Wowza Streaming Engine Pro」の Perpetual Edition (恒久ライセンス)は、新規購入時に 1 年間または 3 年間のメーカーアップデート権が付属します。このメーカーアップデート権の有効期間については、Wowza 社から提供されるすべてのマイナー / メジャーに関わらず新しいバージョンにアップグレードすることができます。また、メーカーアップデート権の有効期限が切れた場合、別途メーカーアップデート権(Wowza Streaming Engine Pro Maintenance)をご購入いただくことで、継続してソフトウェアのアップグレードを受けることができます。なお、メーカーアップデート権の期限が過ぎ、更新されない場合は、以降、ソフトウェアをアップグレードする事はできません。

「Wowza Streaming Engine Pro」と「Wowza Streaming Cloud」のサブスクリプションをご契約された場合は、サブスクリプション期間内であれば、Wowza 社から提供されるすべてのマイナー / メジャーアップグレードを追加費用無しで利用可能です。

近日中に新バージョンのリリース予定はないでしょうか?

新しいバージョンがリリースされた場合は、メーカーおよび DPSJ のホームページに情報が掲載されます。

「Wowza 標準メール技術サポート」は、DPSJ 独自のサービスであり、日本語によるメールのやり取りが行えるというものでしょうか?

はい、その通りです。

「Wowza 標準メール技術サポート」のサポート内容について教えてください。

「Wowza 標準メール技術サポート」のサポート内容は以下の通りです。

Wowza Streaming Engine 向け保守プラン: メール技術サポートを提供(年間)

※ 受付平日 10 時~ 18 時 受付後、原則 2 営業日以内に回答致します

※ 年間 4 インシデントまで

※ 登録可能ユーザー数: 1

  • お問い合わせ内容によってはご返答までお時間をいただく場合があります。
  • 本サービスは機器の技術的な問合せに対して指導、助言を行うものであり、お客様の実現しようとする内容まで保証するものではありません。
  • ユーザーガイド、ヘルプ、ホームページ FAQ などにより、お問合せへの回答が明確に示されている場合は、当該箇所を参照していただくことで回答とする場合があります。

「Wowza 標準メール技術サポート」を一緒に購入しなかった場合、無償で利用できる技術情報にはどのようなものがありますか?

Wowza 製品に関して無償でご利用いただけるのは、メーカーホームページのクイックスタートガイド、ビデオチュートリアル、FAQ 情報、および DPSJ が提供する日本語のインストールガイド並びにお客様専用ページ内 FAQ 情報です。

Amazon EC2 などのクラウド上に Wowza をインストールして利用した場合、DPSJ の「Wowza 標準メール技術サポート」のサポートを受けることは可能でしょうか?

問題ありません。ただし Linux に習熟したエンジニアがいないため DPSJ のサポートサービスをご利用いただく場合は Windows 版のご利用をお勧めしております。

具体的な構築実演などの依頼は可能でしょうか?

スポット作業(半日 5 万円)として対応可能です。※ Wowza サーバーの構築と設定のみ。視聴ページ制作については別途

 

映像配信システム概要:
  • Wowza によるライブ / オンデマンド配信
  • Flash RTMP / Apple HLS によるマルチスクリーン配信
主な構築要素:
  • Wowza サーバーの環境構築および設定(設定 XML ファイルの編集)
  • オープンソフトウェア活用による視聴ページ制作(Apache、WordPress、JW Player)
  • 視聴端末の Flash 対応可否の自動判定(JW Player)
パフォーマンス・拡張性

複数の WowzaStreaming Engine インスタンス間で負荷分散できますか?

はい、複数の Wowza Streaming Engine インスタンス間の負荷分散がサポートされています。Wowza Streaming Engine には、オンデマンドストリーミング用の複数サーバー配信用の非常にスケーラブルな HTTP ベースのキャッシュメカニズムも含まれています。

 

詳細については、負荷分散の概要ページをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/load-balancing-overview

ライブストリーミングを単一のサーバーを超えて拡張するにはどうすればよいですか?

Wowza Streaming Engine インスタンスは、複数のサーバーにライブメディアコンテンツを配信するために、オリジンエッジアーキテクチャ内で簡単に設定することができます。この機能は組み込まれており、Wowza StreamingEngine インスタンスごとに追加のライセンスが必要になります。

 

Wowza StreamingEngine を使用したスケーリングに関する詳細については、以下の URL をご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/about-scaling-in-wowza-streaming-engine

負荷テストツールはありますか?

はい。負荷テストツールは、Wowza Streaming Engine 4.5 以降での負荷テストの接続をシミュレートできます。このツールを使用すると、Web ベースのインターフェイスを介して負荷テストを構成、制御、および監視できます。

サーバーのオンデマンドパフォーマンスを最大限に活用するにはどうすればよいですか?

Wowza Streaming Engine ソフトウェアのパフォーマンスの多くは、サーバー側の I/O パフォーマンスによって決まります。Wowza Streaming Engine ソフトウェアは、サーバーがディスクからコンテンツビットを配信できる速度でしか実行することができません。 よって、Wowza Streaming Engine を最大限に活用するには、RAID アレイ内にできるだけ多くのディスクを備えた RAID 0 または RAID 10 構成を使用することをお勧めします。さらに、メディアキャッシュを利用すると、オンデマンドコンテンツをキャッシュすることでパフォーマンスが向上します。

Wowza Streaming Engine は、単一のサーバーから最大 10 Gbps のストリーミングを配信できますか?

あるユーザーは、カーネルレベルで微調整されたマルチスレッド、マルチ CPU マシンを使用することで、ライブメディアとオンデマンドメディアの両方で最大 10 Gbps のストリーミングパフォーマンスを得られたとの報告を受けております。デュアルクアッドコアプロセッサと複数の NIC を備えた標準サーバーを使用した場合、サーバーが適切に調整されていることが前提ですが、最大 5 Gbps のストリーミングパフォーマンスを得られるはずです。

 

チューニングに関するガイダンスは、以下のパフォーマンスチューニングガイドをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/tune-wowza-streaming-engine-for-optimal-performance

Wowza Streaming Engine の拡張性について教えてください

Wowza Streaming Engine は、拡張性が高く、厳密にコーディングされた、マルチスレッドの Java サーバーです。このソフトウェアは、CPU(インスタンスごとに無制限のコア / スレッド)とメモリリソースを効率的に利用して、任意のハードウェアからより多くの接続容量を引き出すことができます。ほとんどの場合、接続容量はディスク I/O またはネットワークインターフェイスのパフォーマンスによって制限されます。

機能: 管理

Wowza Streaming Engine Manager とは何ですか?

Wowza Streaming Engine Manager を使用することで、コンピューターやタブレット、または iPhone や Android などの携帯電話上の Web ブラウザから Wowza Streaming Engine サーバーソフトウェアを簡単に設定、管理、および監視することができます。Wowza Streaming Engine のプログラムによるコマンドライン設定やマネージメントは引き続き利用可能ですが、ブラウザーベースの Wowza Streaming Engine Manager を利用することで、幅広い技術力を有するパブリッシャーにとってビデオ・ストリーミングする際のコントロールと信頼性を高めることができるという重要な利点があります。

 

Wowza Streaming Engine Manager に関する詳細は、以下の「Find your way around Wowza Streaming Engine Manager」ページをご覧ください。

https://www.wowza.com/docs/how-to-find-your-way-around-wowza-streaming-engine-manager

どの管理コンソールを使用できますか?

サーバーは、JConsole(Java JDK で利用可能)やオープンソースの MC4JJMX ブラウザなどの JavaManagementExtension 互換の管理コンソールを使用して無料で管理することができます。 Wowza Streaming Engine は、HP OpenView、Tivoli、IBM Websphere、BEA Weblogic、SNMP、およびその他の多くの管理プラットフォームからも管理できます。

機能:ライブ

DRM 機能を利用する方法はどのようになりますか?

Wowza には、アドオン機能としてサードパーティ製 DRM プラットホーム互換および暗号化による DRM 機能が用意されております。Wowza DRM アドオンに対応する DRM サービスプロバイダーの利用方法などについては、Wowza 社の Web サイト(英語)をご参照ください。

機能:VOD

ファイルを Wowza に登録すれば、自動的にストリーミング配信可能でしょうか?

対応フォーマットは、FLV (H.264 / AAC コーデック)、MP4 (H.264 / AAC コーデック)、および MP3 音声になります。Wowza で配信するには、元のファイルを上記の形式に変換(トランスコード)してからサーバーに登録する必要があります。以下の URL をご参照ください。なお、Wowza は MPEG-2 ファイル、WindowsMedia ファイル、AVI ファイルをサポートしておりません。

Wowza Streaming Engine 仕様: https://wowza.dpsj.co.jp/wowza-streaming-engine/spec-wse

たとえば 1000kbps の MP4 (H.264 / AAC)ファイルをサーバーに登録した場合、(iOS や Android など)どの端末でアクセスしても、同じ 1000kbps のビットレートで配信されるという事でしょうか?

はい、そのようになります。

サーバーに MP4 ファイルを登録する作業はとくに複雑な難しい作業ではないでしょうか?

所定のコンテンツフォルダにファイルコピーや FTP 転送で登録するだけなのでそれほど難しい作業ではありません。

Wowza から配信されているオンデマンドストリーミングへリンクする URL は、たとえば iOS デバイスと Android とではそれぞれ設定しなければいけないのでしょうか?それとも動画コンテンツ 1 つにつき 1つの URL でそれぞれ自動的に判別され配信できるのでしょうか?

配信方式が異なる場合は、それぞれ異なるURLになります(たとえば、iPhone (HLS)と Android (Flash)の場合)。

配信方式が同じ場合は同じ URL になります(たとえば、iPhone (HLS)と Android (HLS)の場合)。端末の自動判別の機能はありません。

Wowza Streaming Engine / Cloud の違いと比較

お問い合せ

    * のある項目は必ずご記入ください。