Wowza Streaming Cloud

ワウザ・ストリーミング・クラウド

ライブストリーミングサーバー・サービス

製品カタログ

今すぐ無料でお試しいただけます

無料トライアル

Wowza Streaming Cloud とは

Wowza Streaming Cloud は、ライブストリーミングのグローバルなクラウドプラットフォームおよび API において、業界をリードするサービスです。ストリーミング業界のエキスパートの手によってプロフェッショナルな管理が施され、エンドツーエンドのライブストリーミング、またはカスタムのストリーミングソリューションの一部としても柔軟性を備え、操作は至って簡単です。

グローバルなストリーミングをシンプルに

数分以内にプロフェッショナルなストリームを構成可能

  • Wowza Streaming Cloud 管理ポータル GUI で簡単にストリームを設定
  • 幅広いプロトコルとコーデックに対応
  • 様々なネットワークやデバイスに対応できるトランスコードと多重化変換

インターネットを通じて、あらゆる規模の視聴者にストリームを届ける

  • リーズナブルな価格設定
  • あらゆる規模に対応可能な、スケーラビリティを備えたサービス
  • 業界をリードする Akamai CDN / Fastly CDN をグローバルデリバリーに活用

高度な機能も活用可能

  • UHD、バーチャルリアリティ、拡張現実向けの 4K ストリーミング
  • ストリームのカスタマイズによってメッセージやブランドを完全制御
  • CDN トークン認証やジオブロックを含む、幅広いセキュリティオプション

カスタマイズ前提の設計

余すことのない REST API と SDK

  • ストリーム処理に対して多角的なアクセスができるプログラムが可能
  • ワークフロー全体の自動監視・管理
  • トランスコードやソース、ターゲットをカスタマイズする高度なオプション

実績あるアプリ開発フレームワーク

  • REST API、Java および Ruby SDK、コードサンプルなどを含む、広範な開発者ツール。
  • ストリーミングツールの幅広いエコシステムとのシームレスな連携

様々な低遅延への対応

数千人へブラウザからストリームを届ける

Wowza Streaming Cloud は、WebRTC によるシンプルなブラウザベースのストリーミングを実現します。複雑な設定やインテグレーションを必要とせずに、様々なブラウザから簡単にビデオをキャプチャして、あらゆる宛先へ配信することができます。

不安定なネットワークでのニアリアルタイムストリーミング

SRT(Secure Reliable Transport)を活用することで、高品質なライブストリームを Wowza Streaming Cloud へ転送し、トランスコーディングや再配信を行うことによって、予測不可能なネットワーク上でも最良の品質を保ったライブ映像を実現します。

HLS チューニングによる低遅延化

品質を維持しながら配信コストを抑えて大規模な配信を行いたい場合、Wowza Streaming Cloud はストリーミングの遅延を減らすための HLS のチューニングに対応可能です。

さらに進化し続ける

DVR 視聴への対応

最大 8 時間の DVR ウィンドウを設定可能です。DVR 機能を有効にした場合は、DVR 機能に対応するプレイヤーとの組み合わせで、ライブストリームの視聴中にあたかも VOD ストリーミングであるかのような、一時停止や巻き戻し、再生位置のジャンプといった操作ができるようになります。

ライブ to VOD

ライブストリーミングイベントの終了後に、即座に VOD(オンデマンド)ストリーミングの配信を開始できます。いわゆる「見逃し視聴」を実現することで、ライブイベントに間に合わなかった視聴者に動画を届けることができます。

ストリーム from ファイル

MP4ファイルをソースとして、ライブストリーミング配信できます。「放送型」コンテンツ配信や、ライブストリーム配信後の「再放送」や「タイムシフト」といった、ストリーミング配信シナリオに応用可能です。

WebRTC ストリームの再配信

ブラウザから WebRTC ストリームを受信するだけでなく、WebRTC によるストリーミングの再配信とブラウザによる WebRTC ストリームの視聴が可能になりました。低コストな HLS 配信と、最短の場合1秒前後という超低遅延 WebRTC ストリーム配信を使い分けることが可能です。

Wowza Streaming Cloud と Engine の違い

Wowza Streaming Cloud

Wowza Streaming Cloud は、契約後すぐに利用開始できる、オールインワンの「マネージドサービス」です。ストリーミング配信のためのコンピュータの処理能力や CDN 転送量なども含まれており、いわゆる「隠れたコスト」がありません。

Wowza Streaming Engine

Wowza Streaming Engine は、ストリーミング配信基盤を構築するためのサーバーソフトウェアです。ライセンス費とは別に、コンピューティングやCDN転送量などはそれぞれのベンダーから調達が必要でコストの負担が発生します。サーバー構築や初期設定なども必要です。

Live Event プラン概要

Standard Plus Enterprise
サブスクリプション期間 1 年 1 年 1年 or 3年
トランスコード処理 600 時間 / 年(50 時間 / 月) 1800 時間 / 年(150 時間 / 月) 要問い合わせ
録画用ストレージ(ピーク使用量) 250 GB / 月 250 GB / 月 要問い合わせ
CDN 転送量 36,000 GB / 年(3,000 GB / 月) 84,000 GB / 年(7,000 GB / 月) 要問い合わせ

Live Event プラン概要

Standard
サブスクリプション期間 1 年
トランスコード処理 600 時間 / 年(50 時間 / 月)
録画用ストレージ(ピーク使用量) 250 GB / 月
CDN 転送量 36,000 GB / 年(3,000 GB / 月)
Plus
サブスクリプション期間 1 年
トランスコード処理 1800 時間 / 年(150 時間 / 月)
録画用ストレージ(ピーク使用量) 250 GB / 月
CDN 転送量 84,000 GB / 年(7,000 GB / 月)
Enterprise
サブスクリプション期間 1年 or 3年
トランスコード処理 要問い合わせ
録画用ストレージ(ピーク使用量) 要問い合わせ
CDN 転送量 要問い合わせ

無料トライアル

是非、Wowza Streaming Cloud を試して、使いやすさやパワフルな機能・性能をチェックしてみてください。無料トライアルには以下の内容が含まれます。

  • Wowza Streaming Cloud に 30 日間アクセスできます
  • ストリームを無制限に開始できます(ストリーミング時間は 15 分に制限されます)
  • 10 人まで同時に視聴可能です
  • 同時に 3 つのライブストリームが可能
  • 完全な REST API へのアクセス
  • Java、Ruby SDK へのアクセス

以下のボタンリンク先から申込できます。英語での申込みとなります(不明な点がありましたら、さらに下のフォームからお問い合せください)。

開発をされますか?

開発目的でトライアルを希望される場合は、デベロッパー版も用意されています。

Engine / Cloud 比較 FAQ

Wowza Streaming Engine と Wowza Streaming  Cloud の違い・比較について

日本での販売・導入実績等の情報はありますか?

2012 年以降、官公庁、放送局、一般企業など多種多様な業種への導入実績がございます。

特に昨今では、これまであまり動画配信の必要性を感じていなかった一般の企業も、独自で運営するライブ配信や動画配信の重要性に着目し始めたこともあり、急速にテレビ放送や動画配信を専門とされる事業者以外にも、多くの Wowza ユーザーが急速に広まりつつあります。

注文してからの納期はどの位でしょうか?

通常納期は、約 2 週間です。

お問い合せ

    * のある項目は必ずご記入ください。